Heartbeat Away From You

  浜田麻里さんのバンドスコア、発売直後に購入していましたが時間が
取れずあまり活用できてません、、まあ、はなから難しくて手も出ない
曲が多々ありますが、簡単そうなものから少しづつチャレンジしていこ
うかと思います。


まず1曲目は「Heartbeat Away From You」。気持ちを鼓舞してくれる
ような曲です。単純な肯定でなく困難も抱えながら前へ踏み出していく、
やはり今の年齢になった麻里さんの歌ではないかと思います。

「Heartbeat Away From You」(クリックで再生。ボリューム注意)
右チャンネルが原曲。左チャンネルが自分の録音です。

 演奏はイントロが曲者でして、4小節で一つのパターン、その繰り返し
なのですが、1パターン目の終わりに2パターン目が喰い気味に被ってき
ます。4小節目が本来4拍あるところ1拍?半拍?短くなって5小節目が始
ってると思うのですが、そのタイミングが難しいです、、
 あとイントロで細かくピコピコ鳴ってる音もギターのエフェクトで出し
てるんですかね?バンドスコアではギターの主旋律にdelayとしかないで
すしシンセパートにもそれらしき音符は見当たらないですし、、よく分か
らないので普通にdelayだけ掛けときました。フィルインは雰囲気で適当に、、

 録音は、テーマメロディーのハモリとかイントロのフィルインなどで
トラックが増えていったら、固まることは無いもののノイズが常に乗って
使い物にならないので、ファイルをパートに分けて一旦オーディオ書き出
ししたのものを読み込んでまとめるといった作業になりました。だいたい
5か6トラックが限界の様です(自分のPC環境では)。

データ
ギター:SPEAR グラディウスFM  バッキング;リアハム Vo10 To10
               ソロ    ;フロントハム Vo10 To10
               イントロ     ;ハーフ、タップシングル Vo10 To10
→ZOOM S2t:ZFXプラグイン
                        ・テーマメロディ    :MB_Dual_Head/MB_Recti_Modern
                        ・バッキング&ソロ :MB_Dual_Head/MB_bite
                        ・イントロ       :Effects_Demo/Stereo_Delay
                        ・イントロ       :Effects_Demo/AC_Blues
                        ・イントロ       :Wah/Wah2Ovd_Vol_3
    TUBE-2時半、SOLIDSTATE-12時
→USB経由PCにてCubaseLE4で録音
 

浜田麻里/Band Score The Best

 浜田麻里さんのデビュー30周年を記念したバンドスコア、
もうすぐ発売です。
http://www.songsnet.jp/hamadamari_yoyaku.html
投票上位による収録曲を見てみるとまあ妥当なところでしょうか。
近作からを中心に過去のシングルヒット、代表曲がポツポツと。
 

 私の投票した曲(こちら記事)は予想通り(笑)入ってませんね、、
まだまだスコアを見たい曲がたくさんあるので選に漏れた中から
裏ベスト的にもう1冊くらい出して欲しいところです。
このスコアの売れ行き次第ではそういう気運も出てくる?かも。

ジャンクギター 1本目

ネットオークションというのが皆さん仕事の息抜きになっているようで、
私も安価の出物を見つけるとついついポチってしまい、ここ数年で競り落
としたジャンクギターが10数本になってしまいました。掃除すれば使える
音の出るもの、音の出ないもの、部品が足りないもの、一部壊れてるもの、
ほぼ抜け殻のもの等、手入れして使おうとは思っているのですが放置され
たまま溜まっていく一方で、、

で、少しづつメンテナンスしていこうと思いますが、
まず1本目「Diamond」レスポールカスタムタイプ。
入札前にネットで調べても素性がよく分からなかったのですが、これは古
いArai DiamondではなくAriapro兇領価ブランドのDiamondで90年
頃のものではないかと思います?。入札しようか迷ったのですがとりあえ
ずポチったら落ちてしまいました、1,100円で。もっともギターは送料が
高いので、でも送料合わせて3,000円位ですかね。
 
ネックとボディーの接合はデタッチャブル。ボディーの材質は到着して
見てみると積層合板(というと聞こえがいいですが所謂ベニヤ)でした、、
でトップが単板の曲げ加工でボディー本体と少し隙間がある`ソリアコ'構造、
日本の廉価レスポールコピーの定番ですね、、まあでもヘッド形状とか菱形
っぽいマークとか雰囲気だけはありますし、それと前のオーナーさんが結構
いじってましてPUが単体で買うと1万円ちょっとする物が前後に付いていた
ので十分元は取れてます。
(その後オクを見てるとセットネック、ソリッドウッドのモデルも見かけるの
でDiamondでもいくつかグレードがあるようです)

・塗装が痩せてベニヤの積層が外からも薄っすら分かります。


・電装系は貧相。ベニヤの断面とトップ単板との隙間が分かります。

状態はなかなかのジャンクでして、まずタバコ臭い!。1週間ほど廊下で
風通し。その後ボディーを掃除、ヤニ汚れが、、。そしてネックが良くない
ですね、逆反りしてまして金尺を当てるとシーソーのようにギッタンバッタ
ンします(笑)。トラスロッドのネジを毎日少しづつ弱めていきましたが直に
ネジが外れる所まで来てしまい、それでも反りは残っていたので弦の張力に
期待してそのまま数か月放置。まずまず治まったようで金尺を当てて6〜2弦
は動かなくなりました。1弦付近だけはまだカタカタするので反りだけでなく
捻じれもあるようです。弾いてみて酷いビビりが無いのでまあ良しとします。
次はペグですが固いのと緩いのと混じっていて、緩いのは解放で弾くとブ
ルブル振動してしまいます。トルク調整ネジの無いタイプなのでバラシてま
ずは掃除。パーツクリーナーで古いグリスと汚れを落としてグリスを指し直
す。で、ギターペグのグリスって何使えばいいの?ってなってネットで検索
するもこれといった答えが見つからない、、まあいいやとホームセンターで
一番手軽に入手できるスプレーのやつにする。ねじ軸を受けている輪っかが
緩んでるのをペンチで締め直すとかネットに書いてあったけど、これがびく
ともしないです。握力では無理なので挟んだペンチを金槌で打撃。下敷きの
場所に注意ですね。一番いいのは鍛冶屋さんが使う様なレールの切れ端に把
手の付いたやつ?があれば良いのですが無いのでコンクリートブロックを土
台にしましたが割れますねブロックが。でこれ叩きすぎるときつく締まって
直しが効かないので気を付けながら。

金メッキのパーツもだいぶ錆が出ています。ピカールで擦るとメッキも落
ちて薄くなりますね。山吹色がプラチナくらいな感じ。やりすぎるとシルバ
ー色が出てくる。割り切ってゴシゴシやるか、錆部分だけ別の手段で地道に
落とすか、その折衷でやるかといったところ。

新品の弦が張ってあったのでそのまま弾いてたのですがテンションがすごく
高くてチョーキングも1音でさえきつい位でとても弾きにくい。失敗したなー
手放そうかなーとも思ったのですが、ふと「弦が太いんじゃね?」と気づき、
いつも使っている.09-.42に変えたら見違えるように弾きやすくなりました。

1曲録ってみましたが、黒のレスポールカスタムといえばやっぱり
アースシェイカーのシャラですよね。
「記憶の中」(クリックで再生。ボリューム注意)
左chが私の録音、右chが原曲です。

ヘッドフォンで聞いてた時はもう少し締まって聞こえていたんですがスピー
カーで聞くと少し雑味成分が耳に付きますね、、
演奏の方は、バッキングはパワーコードオンリーで難しいところはありません。
ありませんが、1曲通しでノーミスで弾くとなるとそれはそれで難しいです(私
には)、、。ソロはこれ以上良くなりそうにないので取り敢えずの状態。
ハンマリング&プリングのリズムで指が動いてないです。ラス前のエコノミー
ピッキングでの速弾きも弾けてませんね(パターンの3回転が2回転に)、、
音色的にはソロもリアPUの方がよかったですね、、

データ
ギター:Diamond レスポールカスタムタイプ
     ・バッキング   リア    Vo10 To10
     ・ソロ      フロント  Vo10 To10
→ZOOM S2t:ZFXプラグイン/MB_Dual_Head/MB_Recti_Modern
     TUBE-4時、SOLIDSTATE-12時
→CubaseLE4で録音
 

浜田麻里30th バンドスコア

浜田麻里さんのデビュー30周年を記念して発売されるバンドスコア。投票の上位
が掲載される企画で、締切が今月末までとなっています。
http://www.songsnet.jp/hamadamari.html
投票は一人3曲までとなってますが、どだい3曲に絞るってのが無理な話で、、、

私もだいぶ悩みました。まず、過去にスコアが発売されている初期の曲を除くとし
て、それでもまだ膨大な曲数がありますが、メジャー処はまあ放っておいても上位
に来るであろうから、ちょっとマイナー?だけども是非入れて欲しいという曲を選
びました。

 Crazy Love」
この曲が収録されているアルバム「Persona」ではウィスパー唱法を取り入れた曲
があり新境地を開いています。従来のHM/HRのイメージから、少し距離を置いて
しまうファンもいたかもしれません。が、私はこの歌い方も好きです。身体がゾク
ゾクっとするような`声'です。(女性なら「子宮に響くような」と表現するかもしれ
ませんが男の場合上手い表現が見当たりません、、)。表現力の幅を広げる転機に
なった時期で、それは現在に間違いなく結実していると思います。ウィスパー唱法
以外の曲もアルバム全体のバランスを取るためか`さらっと'歌っています。この
「Crazy Love」もヒットチューンの曲調で従来ならばもっと張りきった歌い方をし
ていると思いますが少し抑え気味です。この辺りが近年の歌い方に繋がってくるの
かなーとも思います。この曲、リズム隊のクレジットが無いので打ち込み?なんで
しょうか。とするとバンドスコアにはちょっとあれですが、それを補って余りある
位にマイケル・ランドウのギターが躍動しています!

◆Eagle (hard rock mix)」
ベストアルバムに加えられた4曲の新録で近年の本格的なヘビィー路線回帰を告げた
うちの1曲。美しい旋律とそこに横たう哀しみの陰。`陰翳'というのは近年の彼女の
(作品の)パーソナリティーかもしれない。これまたマイケル・ランドウのギターソロ
がいーい仕事してますねー、、

「Étranger」
ハイトーンの中に感情の幅を表現できる技術、詩(ことば)の選び方とメロディー
への乗せ方・結びつき方、抑揚の効いた的確なアレンジ、すべてが高次元で結晶し
ている近作の特徴が良く出ている、かっこいい`大人の'ロック。

(※youtubeを貼ればいいんでしょうけどオフィシャル以外は削除されてしまう恐れ
  があるので控えます、、)

次点「Stormy Love」
これは初期の作品でスコアも既に出てますが、松本孝弘がサポートメンバーだった時期
に唯一作曲にクレジットのある曲で、コロコロと跳ねながら繰り返すシークエンスパタ
ーンのギターリフが使われてます。これはB'zの初期の曲にも見られ、その萌芽が既に
ここにあったという事で日本のロックギター史の資料的な意味合いで。
(この他にも松本氏の弾いた曲は選ばれるでしょうし、近作からは高崎節が聴ける曲も
選ばれるでしょうし、マイケル・ランドウに増崎さん北島健二氏ほか、ロックギターの
教典的価値は高いですね、いずれにせよ)

他にも投票したい曲は山ほどあるんですが、、
(アルバム「Aestetica」や「Legenda」は全曲集が出ても良いくらいですし、、)
さて、どういう結果になりますか。
 

今日の一撃#24

海外のJ-POPファンのみならずメタルファンの間でも「変なメタル」として
認知されつつある?「BABY METAL」。
「目標は世界征服」なんて言ってたのは、ネタというか設定の一つだと思っ
てたら、なんだか本当になりそうな気配がしてきた、、



このTrailerのブレイク感の煽り方とか、なんだかパフュームの時に似ている
なーと。どうやらパフュームと同じ事務所アミューズに所属という事だ。
(振付の先生も同じ人だそうだ)
ただパフュームの時と違うのは海外でも同時進行的にブレイクしているとこ
ろで、これはJ-POP文化の浸透、YouTube文化の浸透による時代背景の差か。
(Trailerもパフュームのは確かファン有志の手作りだったが、今回はオフィシャル)

海外のメタルフェスにも参加が決定。
http://sonisphere.co.uk/line-up-poster/
http://heavymontreal.com/blog/the-2014-lineup-is-here/
おいおい、またえらいメンツの中にブっ込んできたな、、、

メタルファンの`ガイジン'さんにも理解し易いのはこういう曲だろうか。

民話をモチーフにしたメタルは「陰陽座」の方向性とも重なる。また、これが
日本の民話でなくとも各地の民話に置き換えればメタルのジャンルの一つとし
て認める事が出来るだろう。

しかし「メタルかメタルじゃないか」なんてのは些細な事だ。
J-POP・アイドル+メタル=「BABY METAL」で通用するだけの強さがある。
(現代の日本のアイドル達のプロフェッショナル意識の高さは半端なく、
その過酷な競争の中から出て来たわけだから相応のクオリティーを持っている。)
本人たちも「世界中の人たちに`なんじゃこりゃ?!'と思ってもらいたい」と
言っている。
例えばこの曲なんかはPOPでキュートでキャッチーでノリノリでヘビー、
そしてカオスだ。


「BABY METAL」はアイドルとしてもイロモノ、メタルとしてもイロモノに
見られるだろう。しかし究極のイロモノ(褒め言葉)レディー・ガガのアメリカ
公演のサポートアクトにも召集決定!そういう事です。


メインボーカルの子はアイドル虎の穴ことアクターズスクール(広島)の出身。
彼女は将来化けるかもね(満島ひかり的に)。
両サイドのお子様達は、もう可愛くて萌え死にそう、、
しかしまあなんというか、アイドルを父性的な目線で見るようになるとはねー、、
と、ちょっとしみじみしてますが。
とにかくこの子達が、辻ちゃん加護ちゃんの様にならずに真っ当に育って欲
しいと切に願ってます、、


PS.なんだかすごく女の子の子供が欲しくなってるんですけど、
    その前に嫁って話ですね、、、




 

CALL MY LUCK

浜田麻里「CALL MY LUCK 」のカバー(クリックで再生。ボリューム注意)
左chに私の録音、右chが原曲です。

 4/27東京国際フォーラムでは本編ラストで演奏されましたね。この曲
は麻里さんがHR/HMシーンからメジャーな媒体に出始めた頃の曲です。
「夜のヒットスタジオ」で麻里さんが歌い終わった時に雛壇のプロ歌手
たちがザワザワするあの感じ、懐かしいですねー。

 さてこの曲ですが、練習のし甲斐がありました、、HR/HM系の曲から
ギターを始めるとパワーコードのリフが主体となってですね、こういう
難しいコードが沢山出てくる曲調はかなりハードルが高い訳です、、
(むしろフォークやアコギの弾き語りから入った人の方がすんなり弾ける
かもしれませんね)
 まずAメロバックのオシャレコードですが、1小節目ジャッ・ジャーと
弾いて2小節目をズ・チャ・ツ・チャッ・チャッと刻みたいのですが、な
にせリズム音痴なもんでそのノリが出せないので適当にお茶を濁してます
、、ここの跳ねるリズムがこの曲の持つ`ワクワク感’みたいなのを演出し
てるので大事なところだとは思うのですが、、
 そしてサビメロバックは慣れない押えのコードが刻々と移動していく難
関パートです、、リズムに遅れないようになんとか`置きにいってる’とい
う感じですね、、
 サウンドの方は今回パートごとに音色を変えてみました。CubaseLE4で
すがトラック毎にZFXプラグインを立ち上げてエフェクトを掛けるので以前の
PCではトラックを増やすと止まってしまったのですが、メモリを2Gに増設
したせいか今回オーディオトラック+4トラックの計5トラックは問題なく
動きました。

データ
ギター:Bill Lawrence 型番不明(VRのSSH、FRT) リアハム Vo10 To10
→ZOOM S2t:ZFXプラグイン
・バッキング:DzBert/DZ_2ch_Air
・バッキング:MB_Dual_Head/MB_Recti_Vintage
・ソロ:Metal_Artist/EVH_Stack
TUBE-2時、SOLIDSTATE-2時
→CubaseLE4で録音
 

FOREVER

先日の東京国際フォーラムではアンコールに演奏されましたね。
だいぶ‘粗挽き’なカバーですがとりあえず、、
バッキングの音色はもっとスマートな(歌を邪魔しない)ものにしないと
だめですね、、

今回バッキングとソロのバランス調整(歪量、サステイン、音量など)に
コンパクトエフェクターをブースター的に使ってみました。
ONにすると若干ノイズが乗りますね、、ミュートで止まりますが。

「FOREVER」(クリックで再生。ボリューム注意)
左chに私の録音、右chが原曲です。


データ
ギター:Bill Lawrence 型番不明(VRのSSH、FRT) リアハム Vo6.5 To10
→<ソロ時ON>YAMAHA OD-10M
       OUTLEVEL12時、OVERDRIVE12時、TONE12時
→ZOOM S2t:ZFXプラグイン/Metal_Artist/EVH_Stack
        TUBE-12時、SOLIDSTATE-12時
→CubaseLE4で録音

浜田麻里30th

30th Anniversary Live Tour Special 東京国際フォーラム行ってきました!
いや、もう「凄い、、凄い、、」としか言えないです。
初めはですね、バックのメンバー含め最高峰のプロフェッショナルのコンサート
を堪能して来よう、と思っていたんですが、そーいう事じゃ無い、そーいう事じ
ゃーないんですね。技術云々とかの次元ではなく(もちろん技術もとんでもなく
凄いのですが)麻里さんの歌声に魂が揺さぶられるっていうんですかね、
「歌うために生まれて来て、歌うために生きて来た」
っていう人の声ですよ、その生き様ってのが声に宿ってるんだと感じました。
そういった意味ではやはりライブですよね、そしてバラード。「SELF-LOVE」の
歌い上げでは涙が出そうになりました、、
(バラード曲だと会場のみなさん最後まで聴き入ってるんですが途中で歓声あげ
ちゃだめなのかな?ま、確かに声を上げられないほどの緊張感はビンビンなわけ
ですが、バース間とか歌メロ終わりのギターソロ前とかは歓声入った方がいいん
じゃないかな、と。どうでしょうか?)

途中の演出では絵里さんとのアカペラ。毎回グレードアップを重ねてるようですね。
(ちょっと今回はハーモニーが複雑すぎて聴いてる方には感情移入しづらい?)
そしてスペシャルゲスト、ステージ上段に青色LEDのポジションマークが浮かび上が
り(その前に派手なLEDのエフェクトボードが用意された時点でネタバレですが、、)
高崎晃の登場!近年のラウドネスでみられる重低音ギターサウンドを響かせます。重
低音が加わった「STAY GOLD」もアルバム本来の解釈なんだなと思いましたが、最
後のヴォーカルの見せ場であるフェイクの抑揚にうるさいギターが被って麻里さんも
思わず苦笑い、、ま、ゲストのご愛嬌というところでしょうか。(高崎氏参加の近作
では氏のヘヴィーネスが影響しているようで、一方高崎氏も本格派ヴォーカリストと
組むのはマイク・ヴェセーラ以来で、ラウドネスではそれ以降、構築美を放棄したよ
うなラフなギタースタイル(特にソロワーク)になっていったのが再び`ちゃんとした’
(笑)ギターを聞かせてくれるのであれば両者にとって良い出会いと言えますが、、
どうでしょうか、、)

「Blue Revolution 」で本編の締めかと思ったらここで「CALL MY LUCK 」!
自分はドンピシャの年代です。その後のアンコールで「FOREVER」もやってくれ
たし、満足満足。2回のアンコールで計3時間弱。この間、ピッチの一つも乱れる
ことなく歌い切りました。歌い切ったって言っても尋常な歌い方じゃないですから
ね、、1曲1曲「燃え尽きちゃうんじゃないの?」ってくらいの熱唱でしたが全く
の杞憂でした。

このコンサートの模様はwowwowで7月に放映決定だそうです。
そして30thを記念してバンドスコア発売決定だそうです。(過去のバンドスコアは
オクではどれもすごいプレミア価格になってます。1冊入手した身としてはちょっと
複雑ですが、、) 今回はリクエストで上位になったものが収録されるという事で、
自分は「Crazy Love」を投票します!(まず選ばれないだろうけど、、)
 

今日の一撃#23

浜田麻里「30th Anniversary」東京国際フォーラムに行ってきます!

その前に録画したNHKの「SONGS」を見返す。かなりの好評・衝撃だった
ようでマツコ・デラックス評するところ「もう尋常の沙汰じゃないわよ!」
と。昔から歌の上手さでは抜き出ていた人だが、ここに来てさらに一段の高みに
到達したと思う。(敢えて`境地'とは言わないでおこう)
この表現力の幅、技術の安定感は、一時のポップス路線、メロウ路線を経ての
経験が間違いなく結実していると思う。
(これはいよいよ紅白歌合戦あるんじゃないか、と密かに思う)

「Legenda」Tourより


「SONGS」でも歌っていた「STAY GOLD」


一時ちょっとぽっちゃりしたんですが、しっかり戻してますね。
(まあ女性が中年になってぽっちゃりするのは、それはそれで乙なもの
ではありますが、、)
やっぱり麻里さんは「綺麗なお姉さん」なんですよね僕らにとっては。

で麻里さんですが最近、全く気の抜けた表情を見せる事があります。
村上春樹の小説で感情が抜け落ちてしまった人の描写が出てきますが
正にそんな感じ、、ちょっと心配なのですがそういった事と相まって
感じるのは、伝説のギタリスト、ロバート・ジョンソンの逸話です。
「ある日`クロスロード'で悪魔と出会い、
 魂と引き換えにギターのテクニックを手に入れた」

たとえ話ですが言い得て妙です、、


最後に浜田麻里トリビアを一つ。
松田聖子のデビュー曲「裸足の季節」の仮歌を歌っていたのが当時スタジオ・CM
ミュージシャンをしていた浜田麻里。聖子ちゃんはそのテープを聞いて練習して
いたので、デビュー後の歌をテレビで聞いた浜田は「私の歌い方真似してるなー」
と思ったそうだ。
と本人は直接言わなかったが、黒柳さんが「〜そうなんですってね」とベストテン
で言ってました。


 

今日の一撃#22

 Gary Moore 「Parisienne Walkways」


羽生選手のSPで使われた事で俄かに脚光を浴びてるようですが、
ゲイリームーアも天国で喜んでる事でしょう。

もの凄いサステインですねー、、、
(いつかは欲しいものですgibsonのレスポール。一生無理か、、)


この‘泣きのメロディー’というのは日本人の感性にも合うんでしょうね、
ゲイリームーアは日本でも人気がありましたし、日本人アーティストに
楽曲提供もしたりしています。

本田美奈子、改めて見ると可愛いわ。‘お人形さんみたい’って形容がぴったり。
(日本語歌詞、秋元康だったんかい、、)

↓ご本人バージョン



もう1曲、こちらは浜田麻里(ギターは松本孝弘かな?)

↓ご本人バージョン

<< | 2/6PAGES | >>