<< 木造住宅耐震診断 | main | 謹賀新年2018 >>

中大規模木造セミナー

 建築士会主催の「中大規模木造設計セミナー」を受講してきました。


概要は、一般に流通している住宅用の断面・長さの木材と住宅用プレカ

ットと住宅用接合金物を用いた木造軸組構造に、JIS-A3301高耐力壁と

標準トラスを用いた標準化工法とする(=技術協会の標準図と特記仕様

書を添付して省力化)。用途にもよるが、1,000岼焚爾頬媛亢莢茵碧

火壁、RC等の耐火コア、メンブレイン耐火木造で)し、木の現しとする。

「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」(グレー本)をベースとした構造

計画・計算(ルート1もしくは2)で省力化。これらによって設計が簡単で

コストの安い中大規模木造が可能になり、主に2階建て以下の建物でS造

の代替を目指すというものでした。

 

 当事務所の業務は一般木造住宅分野がメインで(他所の事務所のサポ

ートで入る時は大規模建物にも関わりますが)、すっかり住宅実務専門

の様になっており(これはこれで重要な職務ではありますが)、常々、

ここから脱却しなくてはと思っている所であり、今回の講習会はヒント

というか一つのきっかけとして中々有意義でした。

スポンサーサイト

| - | 01:30 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://atelier-rain.jugem.jp/trackback/899

Trackback