<< 窓用エアコン 買い替え | main | STI 20th ANNIVERSARY #4 >>

脇野田の家

 昨年竣工で設計監理させて頂いた住宅ですが、真夏の暑い頃合いを見計ら

って、住み心地(主に温熱環境)をお聞きしようと伺ってきました。タイミ

ングよく?この日は38℃の猛暑でして、室内はさすがに暑くないという事は

無いですが、MAXこの程度ね、という体感はできました。窓を開け放った時

の風の通り抜けは設計で意図した以上に効く様で、外気温によっては冷房が

不要との事でした。(この日は熱風なので窓は閉めてましたが)。

 

 高床のRC階ですが、夏の日射による焼けはどうかと思いましたが、それ

ほどでもないとの事でした。おそらく広い面積の土間の蓄熱(冷たい方)が

効いているのではないかと思いました。軒の出もあるのか。

 

 冷房の効きはとても良いようで、逆に直接風が当たると冷えすぎるので、

例えばリビングにいる時は隣接のダイニングキッチンのエアコンを点ける位

で十分との事です。(これは冬の暖房でも一緒との事)。断熱性能が高まっ

てくると従来よりもオープンな空間感覚とコンパクトな設備機器で良いのか

もと思いました。このお宅は広大なのであれですが小さな家ならば高断熱化

によってごく普通の設備機器でも全館仕様といった事も今後は可能なのか、

とも。

 

  全体として、快適にお住まい頂けているとの事で安心しました。

スポンサーサイト

| - | 23:37 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://atelier-rain.jugem.jp/trackback/888

Trackback