<< 謹賀新年2017 | main | 1月26日 雑感 >>

紅白歌合戦の勝敗

 紅組の勝利が物議を醸しているが、自分としては紅組勝利に溜飲が

下がった思いでいた。というのは毎年視聴していて、どう見ても紅組

の歌唱パフォーマンスが勝っている事がほとんどなのだが、視聴者投

票では必ず白組優勢となる。おそらく投票行動に出るという閾を越え

る動機を持っているのはコアなファン層で、白組の大半を占めるジャ

ニーズのヲタではないかと思う。で、今回、審査員たちの冷静な判断

によって紅組にひっくり返り、「正義は勝つ」と。

 

 ところが、橋下徹がこれを批判していた。視聴者票がポピュリズム

だとしても、多数意思の結果を尊重しないのは民主主義そのものを否

定している。そしてウェイトの大きい審査員票によって決まる仕組み

は専制エリート主義なのだと。
 なるほど、そう言われてみればそうなのかと。

 

 で、今回の紅白ではもう一つ投票がらみの話題としてAKBの選抜投

票があって、こちらでは大家ちゃんが選ばれて、よかったなーと喜ん

でいたわけだ。大家ちゃんは普段の選抜選挙では圏外だが、今回は12

位にランクイン。つまりCDを買ってまでは投票しないけど、無料なら

投票する、あるいはCDを買い占めるヲタなファンはいないけど、一般

の人からは広く愛されている、という事だろうか。こちらは普段の総

選挙の仕組みは専制金持ち主義。(外国資本まで囁かれている、、)

 

 「民意」というものと、それを反映させる投票の仕組み、を考えさ

せられる例。

スポンサーサイト

| - | 14:17 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://atelier-rain.jugem.jp/trackback/854

Trackback