<< 11月21日 雑感 | main | 12月31日 雑感 >>

応急危険度判定士

 被災建築物応急危険度判定士の講習会を受講しました。これは地震が発生

した後に、被災した建築物の危険性を判定するためのものです。余震による

二次災害の防止を目的とし、被災した建物の応急的な使用にあたって危険性

を知らせるものです。(建物の罹災証明とは異なります。)
 被災建物に張る判定ステッカーの色で赤が危険=建物に立ち入るのは危険、

黄色が要注意=建物に立ち入る場合、状態・箇所に応じて十分注意、緑が調

査済=軽微、無被害、となります。
 熊本地震では全国から約7,000人の判定士が活動したとの事です。地震に

関しては全国、いつどこででも起きる可能性がある訳ですが、こればかりは

出動の機会がない事を願いたいものです。

スポンサーサイト

| - | 13:19 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://atelier-rain.jugem.jp/trackback/851

Trackback