<< 新国立競技場 #2 | main | GF1 #133 >>

今日の一撃#26

 BABYMETAL 「METAL RESISTANCE」
  
 待ちに待った甲斐があった完成度。アルバム通して曲のバランス、構成も良
い。個人的には「META!メタ太郎」から「シンコペーション」の流れが最高。
 ベビメタのいい所(というかズルいなーという所)は露骨なインスパイヤーが
許される事で、むしろそれを楽しむまでが作法。これが自分たちで曲を作って
るバンドだったらやれパクリだの何だのと批判される所だが。で、今回も、メ
タリカ、ドリームシアター、ルナシー、特撮ヒーローもの、、と盛りだくさん。

(メタ太郎はスピンオフでハリウッド映画にでもならないかね。パシフィック
リムとかトランスフォーマーの監督で)

 ところで、「メタル」というのが様々な要素を取り込む事が出来る媒体であ
るのだが、それ以上に懐が深いのが「歌謡曲」と、それを育んだ「何でもあり」
の日本の(芸能)精神風土で、古くは笠置シズ子さんのブギウギから、ザ・ピー
ナッツのキングクリムゾンのカバー、昭和のアイドル達も何じゃこりゃという
詩を歌わされていた。平成のアイドル達も例えば、つんく♂がモー娘。や、あ
ややに「変な歌」を歌わせ始めた時は壊れたなと思ったものだが、こうやって
振り返れば「何でもあり」の面白さを意図していたんだなと。ベビメタも俯瞰
的に見ればその系譜の先に位置するのだと思う。
(で、その「何でもあり」の日本歌謡界の象徴が「紅白歌合戦」な訳だ)

 

「シンコペーション」のイントロ部分をコピーしてみました。
左CHが自分の録音、右CHが原曲です。
耳コピなので詳細は違ってますが雰囲気で、、
「シンコペーション」(クリックで再生。ボリューム注意)
メインのリフレインはどうやって弾いてるんでしょうかねー?1弦開放とライ
トハンドを絡めると、単純な行ってこいパターンでなく行きつ戻りつの複雑な
パターンになり、尚且つあのリズムとスピードをキープするのは難しいので、
自分は普通に4.3.2弦で弾いてみました。が、レガートな感じが上手く出ませ
んでしたね、、

データ
ギター:SPEAR グラディウスFM バッキング;リアハム Vo8 To10
              テーマメロディ ;フロントハム Vo8 To10           
→ZOOM S2t:ZFXプラグイン
        ・テーマメロディ :Distortion/Hard_Drivin  
        ・バッキング   :MB_Dual_Head/MB_Recti_Modern
           TUBE-3時、SOLIDSTATE-3時
→USB経由 PCにてCubaseLE4で録音        

スポンサーサイト

| - | 17:58 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://atelier-rain.jugem.jp/trackback/826

Trackback