<< 3月8日 雑感 | main | 4月1日 雑感 >>

北陸新幹線開業

 北陸新幹線が開業しました。私の仕事部屋からも高架が見えまして、
直線距離で300m位でしょうか、ただ遮音?壁があって新幹線が通っ
ても屋根しか見えませんが、、

 金沢、富山の賑わいに比べて上越妙高は今一つ扱いが薄いのですが、
まあこれからですね、経済動向といいますか人の動き、物の動き、金の
動きは、実際に利便性等々を体験・実感してからだんだんと見えてくる
のではないでしょうか。(例えば水商売(風俗)のおネーちゃんが首都圏
からの出稼ぎが増えてレベルが上がる、とか、その辺から、、)

 上越妙高のPRもしておきますと、まずは飯山からトンネルを抜けて
上越妙高駅に着くまでの間、車窓から見える、どっしりと裾野を広げ
立ち上がる妙高山の姿(天気が良ければその奥に控える黒姫、飯縄と
の三連)の壮麗さは一見の価値ありです。また、これからの季節ですと
高田城址の桜は日本三大夜桜の一つに数えられてます。城のお堀は夏に
なると一面の蓮に覆われまして、こちらは東洋一の規模だそうです
(ほんとかどうかよく分からんが子供の頃からそう教わっている)。
妙高方面は温泉、ウィンタースポーツ、グリーンツーリズムとありま
す。(こちらは駅とのシャトルの運行がどうなるのかといったところ)

<新幹線の高架のうえに左から飯縄、黒姫、妙高~火打>
この山麓一帯が3/27に新しく誕生した妙高戸隠連山国立公園

 とかくですね観光、レジャーで何か特別なものを求めがちですが、殊、
上越妙高に関しては、私は「暮らしやすさ」なのではないかとも思って
ます。地元に住んでる人には「普通」な事が実は価値があるといった
「地力」があるんではないかと。食べ物が普通にうまい、治安が普通
に良い(人が穏やかで真面目)、海も山も近く普通にすぐ行ける、等々、
まあ冬の雪だけ少しネックですけども。ですからリタイア後ゆっくりと
過ごすもよし、子育てを伸び伸びとしたいでもよし、そういった方々が
生活の場として移住してくれれば、それこそ観光よりも地域の発展にな
るのではないかと。(そうして、マンションでもいいですが、できれば
戸建を購入してくれれば我々の仕事にもつながったり、、)。そして人
が住みやすいという事は翻って企業にとっても良い所と言えるのではな
いかと。

 住みやすさ、暮らしやすさのPRという事なら、例えば、上越の嫁にな
った(←地元民からすると愛着を込めてそういう感覚になってしまうんで
すが)本田朋子アナや安田美沙子さんもそうなのかな?あるいは中越典子
さんに親善大使になってもらう、とかどうでしょう。

スポンサーサイト

| - | 17:18 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://atelier-rain.jugem.jp/trackback/786

Trackback